So-net無料ブログ作成
イグレックの公式サイトはこちらから

脳活動の不思議☆「ルーシー」 [映画の効用]

現在公開中「ルーシー」鑑賞。

台湾で暮らす主人公ルーシーはある日韓国人マフィアの闇取引に巻き込まれ、
ある薬が入った袋を体内に埋め込まれてしまう。

その薬の袋がルーシーの体内で破れ吸収されたことで、
通常10%しか活動していないと言われる脳の制御がはずれてしまう。

超人的な力を備えていくルーシー。

脳活動の限界を超えてゆく人間は果たしてどうなっていくのか。

*****

リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演。

リュック・ベッソンの作品って久々に観ましたが、
これまでの彼の作品に出てくる主人公のイメージとはちょっと違うかな、と言う印象。

「レオン」のナタリー・ポートマンとか、
「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョボヴィッチなど、
中性的なまだ「女」になる前の少女のイメージが強くて…

まあ、それもだいぶ古いイメージなんでしょうけど。

何しろ「スカヨハ」って言ったら、
肉感的なTHEセクシー女優ですから〜

彼女も「アベンジャーズ」なんかでアクションのイメージが付きましたけれど、
セクシーだけどあんまり洗練された肉体ではないから(特に下半身?)、
アクションにはもう一歩かなあ…?

あ、ちなみにこの作品、括りとしてはアクション映画だと思うのですが、
アクション作品としてとか、映像表現としては、
これと言ってそれほど秀逸なものは感じませんけれど…

でも、何と言っても、通常10%程しか活動していない脳が、
その限界を超えると一体どうなっていくのか、
と言うテーマの面白さですね。

私的には生命科学あるいは哲学・宗教的な見地を絡めて観ると、
面白い作品だなあ、と。

映画の最後に出てくるルーシーからのメッセージ。

"I am everywhere"(私はどこにでもいる)

と言う言葉が頭の中で何度もこだましています。

映画「ルーシー」の公式サイトはこちらから






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

イグレックの公式サイトはこちらから

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。