So-net無料ブログ作成
検索選択
イグレックの公式サイトはこちらから

幻のますの寿し★富山・寿し工房大辻 [旅の効用]

DSCF6087 (320x240).jpg

富山の名産と言えば、ますの寿し。

うちは父親が毎月富山に出張に行くため、
時々いただく機会があります。

正直、あれば食べるけど、食べなくても困らない、
と言った感想で、そんなに美味しいものだという実感がありませんでした。

この度の富山滞在で、おみやげを何にしようか~と考えていたところ、
やはり富山と言えば、ますの寿し。

色々な銘柄があるようなので、
ひょっとしたらまだ美味しいものに出会ってないだけかも~と思い、
たまたまホテルの近くにあった、寿し工房大辻さんのますの寿しを買ってみました。

気になったのは、幻の~シリーズ。
ますの他にぶりもありました。

やはり富山と言えば、ぶりですからね~。
ぶり、気になります。

で、あれこれ悩んだ末に、幻の~シリーズの、
ますとぶりを一つずつ購入。

ますもぶりも通常のタイプもあるのですが、
ますの方は、通常の2倍のますを使い、厚さと裏側にも巻き込んであるのが違いとか。

ぶりの方は、幻の方は血合いを取り除いてあり(たぶん、風味が上品なのでは)、
通常の方は血合いはそのままで、あとは昆布の風味が加わっているそうです。

そして、実際にいただいてみたところ・・・

すっかりますの寿しのファンになってしまいました~!!

肉厚で脂が乗ったます、すごく美味しいです。
お米は富山米100%。酢飯にしたお米はほんのりとした甘みも。

いずれも常温で保管しますが、寒い時期に寒い部屋に置いておくと、
若干お米がしまりすぎてしまいます。

高温になりすぎず、でもほどほどの場所に置いておいた方が、
お米がふっくらして美味しいです。

DSCF6084 (320x240).jpg
DSCF6090 (320x240).jpg

笹の葉にくるんでありますが、そこもポイントですよね~。
笹の香りがほんのり移って、とってもよい香り。
これが抗菌効果にもつながっています。

DSCF6086 (320x240).jpg

ぶりの方も美味しかったですが、私はます派かな~。

でも、通常タイプのぶりの方も一度は試してみたいですね。

幻のシリーズには国産さくらますを使ったものがあるそうです。
そちらは要予約みたいですが、ぜひ試してみたい!!

炙りますもあり、そちらは若い人に人気だそうです。
これも気になりますね~。

ぶりの方は2日、ますの方は3日、日持ちいたします。

ますの方は2日目が食べ頃だそうで、
しかも常温で管理できますから、おみやげにもぴったりですね。

私が今回試したものはオンラインでも購入できるようです。
http://www.alpenmura.co.jp/susikoubo_ootsuzi/


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

イグレックの公式サイトはこちらから

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。